Actively Coach

エグゼクティブのための「英語勉強ゼロ時間化」計画

英語学習のための時間がとれない

できれば「勉強」はしたくない

仕事に必要なことだけを覚えたい

「仕事と家庭の両立すら難しいのに、英語の勉強なんて時間がとれない」というのがビジネスパーソンの本音です。

Activelyのコーチングプログラムを利用すれば、仕事自体が英語学習の機会に変わるので、もう英語の「勉強」に時間を費やす必要はありません。

Actively Coach の超合理主義メソッド

英語の勉強ゼロ時間化

英語を使う仕事をこなしながら
それを遂行するために必要な英語力も同時にブラッシュアップ

追加で英語の勉強に費やす時間を限りなくゼロに

必要なことを、必要なときに、必要なだけインプット

Just In Case(必要になるかもしれないので念のため)ではなく、
Just In Time(必要になったときに)のアプローチを採用

最も効率的な英語習得を実現

英語のOJTトレーナー

ビジネス英語講師のプロが、
あなたの業務上のタスクを言語面で直接・個別サポート

仕事をこなしているだけで英語が身につくようにリード

ティーチング+コーチングのベストミックス

文法や発音などの英語の基礎知識の習得はティーチングで、
課題を自己解決できるようになるためのスキルとマインドセットの獲得はコーチングで行う
ハイブリッドプログラム

自立した英語ユーザーを養成

最も効果的な学習法

実践ありきで学ぶので、
インプットとアウトプットが常に密接に連動するサイクル

学びの効果を最大化

オンライン対応

ビデオ会議やメッセージングサービスを利用して遠隔で指導
(現場に訪問して行うオンサイト型もご相談に応じます)

「英語は勉強しなければ身につかない」。そう思っている方がほとんどではないでしょうか。しかし、ただでさえ長時間勤務の日本のビジネスパーソンが、睡眠時間を削ってまで英語の勉強に打ち込むのは過酷です。「たかが英語」にそれだけの時間と労力を費やす必要が本当にあるのか。私は長い間、この現状をなんとかしたいと思っていました。

たしかに仕事ではまだ英語が必要ない人は、教材を使って勉強して準備しておく必要があります。しかし、すでに英語を使って仕事をしている人までもが、そのような従来型の学習をする必要があるのでしょうか。

そう考えるのは、私自身が仕事で英語を身につけることができたからです。メールや電話、会議などで英語を使う中で、スピーキングやライティングの能動スキルを磨き、TOEICテストでも満点近くまで到達することができました。

一方、仕事で英語が身につかない人が存在するのも事実です。長年英語を使っているのにブロークンなままで、TOEICは800点にも満たないというケースも見聞きします。この違いを生む原因は何なのでしょうか。それは、英語に対する習慣やマインドセットです。

習慣やマインドセットはスキルです。スキルは正しいコーチングを受ければ、だれにでも習得することが可能です。また、英語の基礎知識に不足があるのなら、しっかりとティーチングで補強するのが近道です。これらのアプローチをミックスして、受講者が実際の仕事をこなす中でタイムリーかつパーソナルに指導することができれば、どれほど効果的な学びが提供できるでしょうか。もはや仕事と英語学習を切り離して、残業後に「勉強」に取り組むという必要はなくなります。

仕事と英語学習を単一のものとすることで「英語」の優先順位を上げ、実践を通じて常に上達も実感できる理想的なメソッド。それがActively Coachです。私の経験と知見をすべて共有し、1人でも多くの日本のビジネスパーソンを「英語学習者」から「英語使用者」に変えることが、私のライフワークです。みなさんと一緒にその一歩を踏み出せることを楽しみにしています。

Activelyリードコーチ
テッド寺倉

料金
最短1ヶ月20万円(税別)~

--- 守秘義務は厳守し、秘密保持契約も必要に応じて締結いたします ---

ご相談・お見積り等
お気軽にお問い合わせください。